Surface Piercing

サーフェイスピアッシングの画像です。皮膚表面下へのピアスとなりますので、身体のあらゆる場所に施すことが可能ですが、基本的にホール完成までのジュエリーの排除等でホールが完成しない、安定しない等のトラブルは普通にある部位です。ジュエリーの排除痕がケロイド状にもなりますので注意が必要な部位です。

●ご提供頂いてる画像です。部位の形状等の個人差により、ご希望通りにジュエリーを装着出来ない場合もあります。アナタのご希望の部位への雰囲気のご参考にしてください。
●全てのピアスにおいて、普段の生活や部位の形状等の様々な個人差により、ホール完成までにジュエリーの排除や肉芽等のトラブル、またホールの移動や部位周辺に負担のかかる場合があります。
●ピアスホールのトラブルは早めの対処が重要となります。状態によっては専門の施設や、医療機関での対処が必要な場合あります。
●画像を見て痛いと感じる場合もあります。観覧にはご注意下さい。
ピアスホールのトラブルについて

PAGE 1